メタボを解決する為のブログです。


by nakamu99

タグ:カロリーコントロール ( 2 ) タグの人気記事

ダイエットには不可欠なカロリーコントロールとは、適正なカロリーを摂取することをいいます。

食事習慣や栄養バランスにも配慮することで、ダイエットに効果があるといえます。

1日3食きちんと摂取しつつ、1日を1200キロカロリーに抑えるのが、カロリーコントロールというものです。

かなり低い数字だといえるのが、1日1200キロカロリーです。運動量や体調に合わせて増減させることも大切です。

1日に必要なカロリーは、ダイエット中でももちろん肉体労働者と事務労働者とでは違う数字になります。

低カロリー食でのダイエットで気をつけたいことがあります。

カロリーコントロールで低カロリーを意識する余り栄養のバランスに偏りが出ないようにすることです。

摂取するのはたんぱく質を中心に、バランス良くビタミンやミネラル、食物繊維を摂るようにしたほうが良いでしょう。

いつもの食事メニューで、食材を少し工夫するのが、カロリーダウンのダイエットをお手軽に目指すには良いのではないでしょうか。

きのこやこんにゃく、海藻などの食材を多めに使うだけでもカロリーコントロールができます。

サンマやブリなどの青魚よりヒラメやタイなどの白身魚を、バラ肉は避けて赤身や内臓肉を使用するのがカロリーコントロールにぴったりです。

油を多く使う炒めものではなく、カロリーコントロールに適している調理方法は、茹でものです。

調理時のちょっとした心がけこそが、カロリーコントロールのダイエットのコツではないでしょうか。





集金装置●●●●&【弊社開発専用ツール】無料●●●で、毎日3000円以上の副収入を稼ぎ出す方法
[PR]
by nakamu99 | 2010-03-26 00:23 | ダイエット
ダイエットで大事なことは、カロリー管理でしょう。

カロリーは、ビタミンやミネラルといった栄養成分には実は存在しません。

炭水化物、脂質、たんぱく質の3種類にのみカロリーがあります。

炭水化物やたんぱく質は1gに4kcalのカロリーを含みます。

脂肪は1gに9kcalのカロリーを含んでいます。カロリー計算はこの数字に基づいています。

炭水化物を1グラム食べるのと脂肪を1グラム食べるのとでは体内に蓄積されるエネルギーが違うのです。

ダイエット時のカロリーコントロールの注意点は、極端な食事制限に走らないことです。

食事をしないなど、極端な食事制限は身体が飢餓状態に備えて、太りやすくやせにくい体質を作り上げてしまいます。

省エネモードになったまま食事量を戻したりストレスからいつもより多めに食べると、体重は大幅に増えてしまいます。

生命活動には、ミネラルやビタミンは絶対に必要です。

大幅なカロリーダウンだけに腐心するのではなく、ビタミンやミネラルを十分に摂取しながら、脂質やたんぱく質、炭水化物のカロリーをコントロールしていきましょう。

いもやパスタ、麺、パン、米は主食として欠かせない糖質に当たるものです。

全体のカロリー量を決める時の指針として、カロリーの50%を主食と位置づけ、主食のボリュームに合わせて他の食材やメニューを決定するといいでしょう。

ダイエットを達成するには、減らしすぎない程度に摂取カロリーを一定水準に保ちつつ、栄養面にも気を使うことが大事です。

カロリー面を整えるには、主食に対して野菜主体の主菜と副菜を食べるようにするといいでしょう。




niftyトピックbaqoo
[PR]
by nakamu99 | 2010-02-07 13:19 | ダイエット